人生を賭けた運任せのギャンブル生活をお届けします。

運任せな日常

借金の精神論

勝負の耐性

皆さんは400万、500万の借金があることに対してどう思うだろうか。

ここでは、負けることに対する耐性について話していく。

例えば、パチンコで今日8万負けた。さてこれをどう思うか。

簡単に想像がつくのは、

耐性がない考え

使ってはいけないお金を使ってしまった、もうダメかもしれない。

もうパチンコはやめよう。

人生を無駄にしてしまう。

時間がもったいない。

おいしいものをたくさん食べられたのにな。

この程度の考えだ。私から言わせてもらうなら、「それなら最初からパチンコするな」である。

百歩譲ってその日8万円のチャレンジをしたことに対しては敬意を示そう。

耐性がある人の考え方

明日勝つさ。
競馬で取り返そう
ロト6も買ってあるし当たるかも。
ロト7も買ってあるし大丈夫。
投資金は借金すればいい。

希望を捨てていないのがお分かりだろうか。

みなさんは前者、後者どちらだろうか。

この記事を見ている方は後者が多いと信じている。

戦うことを辞めたらそこで試合終了なのである。(先生の言葉引用)

言い方を変えると、前者は負けることに対する精神力が弱いと言える。

前者から見れば、「そんなにギャンブルばかりして、先は知れてるだろ」と言う人もいることだろう。

が!! しかし!! 明日のことなんて誰にも分らないのである。

予定通りに事が進むなら10年前に計画を立てている。

明日突然、友達が「ロレックスはもう飽きたからあげる」なんてことがあるかもしれない。

反対に、ある日突如とんでもない強風に煽られて、川底に落ちてしまうことがあるかもしれない。

良いことばかり、悪いことばかりになるはずが無いのだ。

もちろん偏ることはあるとは思うが、運に対する精神力が備わっていれば、何が起きてももはや関係ない。

悪いことが続いても、良いことが絶対に巡ってくる。

先述した様に、物事は見方によりだいぶ解釈が変わってくる。

明日への活力をどう見出すか。

チャンスは毎日のように転がっている。

明日が楽しくなるかなんて誰にも分らない。

自分の気持ちの持ち方、どう行動するかが非常に大事なことである。

運を最大限に発揮する為のプロセスを、自らが意図的に想像して創造することができるかどうかだ。

つまりは、蒔かない種は育たないように、

買わない競馬は当たらない。

打たないパチンコは当たらない。

・買わない宝くじは当たらない  のだ!!

常に、種を蒔き続けなければチャンスはやってこない。

不意にやってくるそのチャンスを全力で掴みにいく為に、私は種を蒔く。

-借金の精神論

Copyright© 運任せな日常 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.